本当に捨てたい?心の声に正直に

あなたの掃除の目的は何ですか?



物を減らすこと?

物を捨てること?


本当は違うはずです。掃除していく結果、物を減らしたり捨てたりすることはあっても、目的自体がそれではないはずです。


あくまでも掃除は手段


目的は別にあるはずです。

イメージした目的に背かない

終わりをイメージする
ここでもう一度、イメージを明確にしましょう。


私の場合は、
・ゆっくりコーヒーを飲みたい
・子供と楽しく遊びたい
・子供が勉強しやすい環境にしたい

でした。


こういう空間を作ることが、私の目的です。「部屋をキレイにする」ことが目的ではありません。


それを聞いただけで、
私は気持ちが楽になりました。




片付かない部屋は何も解決してはいないけど、心が軽くなりました。


次に具体的に行動を起こすなら、

物を見た時に、
「これはいるかいらないか」(頭)
「自分が大切だと思うものか」(心)
「自分のイメージに背いてないか」(目的)

と、考えます。

これで、その部屋に置いておいて良いかがわかります。


つい頭で「これは使わないから捨てよう」と考えて、
でも心が「今まで使ってたし大事だから捨てたくないな」と思ってたりします。


ここで無理に捨てる必要はないのです。


頭と心、両方とも自分なんです。


迷った時は、「目的」の登場。それがこの部屋にあって不快にならないか、大事には思うけど邪魔だと感じないかで判断しましょう。



人の話を自分の解釈で聴かないで
本当に言いたいことに耳を傾けるのと同じように
自分の心の声にもきちんと
耳を傾けてあげてくださいね!




傾聴スキルを学ぶ

完訳7つの習慣 人格主義の回復 [ スティーヴン・R.コヴィー ]



参考にしてます!

あなたのお部屋がイライラしないで片づく本 [ 丸山郁美 ]






スマホで本が読める 国内最大級の電子書籍店