掃除が目的なの?きちんと終わりをイメージして!

片付かない部屋にイライラしながらも、そんな状態に安心している自分がいたりしませんか?

その部屋を作り出した「理由」(原因ではなく理由!)を自分で考えてみましょう。

私の場合は…

私も自分で考えてみました。


・片付ける→子供が散らかす→散らかした子供にイライラ!(→なので、始めから片付けない)

・完璧主義(こだわり)が発動→自分に疲れる



自問自答したことで、「そうだったのか!」と自分でもビックリ!私の中には、掃除しないこんな理由が隠れていました


これはネガティブに考える必要がありません。私の例で言えば、1つは〈子供にイライラしないように〉するためだし、もう1つは〈必要以上に疲れないように〉するためだからです。

終わりをイメージして

掃除ができないと、つい「どこがいけないんだろう」と原因を探してしまいがちです。

過去を向いても答えは見つけられません。なぜなら、過去の行動の結果が〈掃除ができなてない〉現在だから


この先の未来をよくするためには、この部屋でどう過ごしたいか〈終わりの地点〉をイメージすることです。

私なら、
・ゆっくりコーヒーを飲みたい
・子供と楽しく遊びたい
・子供が勉強しやすい環境にしたい

というイメージが浮かんできました。



今の部屋の散らかり具合には、とりあえず目をつぶって、イメージを頭に浮かべながら1日過ごしてみました。

もちろん、急に部屋を片付けるスキルが上がったり、掃除に対するヤル気が急にUPしたりはしませんでした。


でも、心が穏やかでした!


散らかってても、「子供と楽しく遊ぶなら~」と考えることで、イライラせずにおもちゃを片付けてたり、「気持ちよくコーヒーを飲むなら~」とイメージしてると、自然と手短なところをキレイにしてたりするのです。



掃除って人が気持ちよく暮らすためのもの。
その掃除に苦しめられるなんて本末転倒。

多少、散らかってたって、まずは心穏やかに家族と仲良く過ごせればそれで幸せですね!




最初に読むならこれがおすすめ!

まんがでわかる7つの習慣 [ 小山鹿梨子 ]


合わせてこれでも勉強中

まんがと図解でわかるアドラー心理学式折れない心の作り方 (別冊宝島) [ 和田秀樹(心理・教育評論家)]






スマホで本が読める 国内最大級の電子書籍店